初めての出産

初めての出産

初めての出産

私は息子がいますが、その息子を産んだ産婦人科での思い出を書きたいと思います。

 

私の場合、妊娠中はとにかく体重が増えないようにすることとの戦いでした。妊娠糖尿病の境界型と言われていたので余計に食べ物に注意したのを覚えています。

 

月一回の診察のときは、できるだけ軽い服を着ていこうと、何度も体重をはかってから行ったものです。助産婦さんに、「良い感じだね~、がんばってるね~!」って言われるととってもうれしかったのを覚えています。

 

いざ、出産の時は、初産婦にはなぜか厳しい?(無愛想ともいう)副婦長さんがいて、嫌な思いもしました。あの時の副婦長さんには、今もたまにスーパーなどで会うこともあるのですが、顔を見るたびに、心臓がドキドキして、顔が青ざめてしまうほどです。(どんだけ?って話ですが、マジです。)

 

でも、担当の産婦人科の先生や、助産師さん、看護師さんには本当にお世話になりました。出産時間は25時間かかり、中々頭が出てこなかったからなのか?赤ちゃんが、羊水を飲んでしまったかもしれないから、息子は産まれてすぐに小児科に入院するという事態になりました。私も、熱も上がり、疲れて果ててご飯も食べれず、トイレにもいけなかったです。1~2日、点滴をしてもらいました。結構体力には、自信があったのにへなちょこな自分が情けなかったです。

 

初乳はなんとかあげれましたが、カンガールケアや母子同室も遅くなったので結構今でも息子に申し訳ない気持ちがなんとなくあります。出産って誰にでも、ものすごいドラマがあると思います。これも忘れられない思い出としてとっておきたいと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ